カードを数えるのは、心の戦略だ。カードゲームは、戦略と記憶力が全て。あなたが鋭い記憶力を持っているなら、ゲームが得意だろう。しかし、あなたを罠に陥れることができる戦略もいくつかある。カードを数えるのは一部のカジノハウスでは禁止されているが,法律では違法とはみなされない.多くのカジノでは監視員を雇っていて、カードを数えているのが見つかった場合には、会場から出るように言われることもある。試合上で起こることは全て、高度な監視下にあり、報告される。セキュリティから逃れることは不可能だ。

ブラックリストに入れられたプレイヤー:

カジノハウスでは、ハイテクなソフトが使われていることが多い。もし、あなたがカードを数えたせいでブラックリストに一度でも載ってしまうと、顔認識ソフトで認識されてしまう。カードを数えるのは違法ではないが、カジノはこれに対して大いに異議を唱えている。あなたは、そのカジノから追放されるかもしれないし、他の全カジノが同様の措置をとるかもしれない。

ブラックリストに入れられたプレイヤー

監視:

CCTVカメラの利点の一つは、試合上で何が起こっているかを見られることだ。カジノでは、最高品質のカメラを使用してカジノ内で起こる全てを記録している。テーブルでもマシンでも、セキュリティから逃れられるものはない。もし誰かがカードを数えていたら、捕捉される可能性が高い。

セキュリティーの共有:

多くのカジノでは、お互いに監視を共有している。つまり、複数のカジノを当たり前のように利用していて,カードを数えることをビジネスにしている場合、捕まる可能性がある。様々なカジノに入ってブラックジャックをプレイすることが、始まりとなるかもしれない。このように監視を共有することで、カードを数える人を捕まえることができるのだ。

カードカウンターを雇う:

カジノハウスの対策の一つに、かつてカードを数えていた人を雇うというものがある。こうした人たちは、数えている人を簡単に見抜ける。彼らは自分自身がカウンターの立場に立って考えられるので、この活動に対する洞察力があるのだ。

カードカウンターを雇う

賭け:

ディーラーがカードカウンターを見つけるのに役立つ、目に見える方法が他にもある。ディーラーは疑わしいことがあれば、ピットのボスに知らせる。彼らは、カウンターを見分ける訓練を受けている。通常、シューの最後に多めに賭け、最初になるべく少なく賭ける人は疑わしいと見なされる。勝ち負けに関係なく高い賭けをする人も、当然怪しい。プレイヤーが不規則な行動をとると監視対象となり、スタッフの監視からは逃れられない。

結論:

カードを数えるのは違法ではないが、カジノハウスはそれに対して厳しいポリシーを有している。あなたをブラックリストに載せたり、退場を求めたりすることもある。カジノハウスはプレイヤーがカードを数えないために、様々な手段をとれる。プレイヤーが賭け金を増やした後にデッキを追加したり,頻繁にシャッフルしたりするのも一つの手段である。カジノはカードカウンターを捕まえるために警戒を怠らないが、カウンターはディーラーに捕まらないように更に革新的な方法で対策をすり抜ける方法を学んでいる。カードを数えるのは合法かもしれないが、ハウスでプレイするサービスをあなたに提供したいかどうかは、カジノ次第である。